マイクロバブルトルネードの風呂に入ると垢のスゴさがわかる

入浴する前に5分から10分程度、あらかじめマイクロバブルトルネードの電源を入れて泡を出してお湯が白っぽくなる準備をしています。水中に細かな泡ができてからが入浴に一番良いタイミングなのでちょっと前からつけておくのがポイントです。
入浴を開始すると、敏感な方ですとだいたい1分2分程度でお肌にプツプツと泡が弾ける感覚が始まります。(個人的には泡がひっついて綺麗にしてくれている感じがするので好きです。)
そして、4分か5分ぐらい経つと、いよいよ垢が浮かび上がってきます。垢と言いますか皮脂汚れですね。よくお肌を見る機会の女性は、マイクロバブルトルネードのお風呂に入った後にはお肌が明るくなっていると言われます。これはお肌のクスミが取れたので、明るくなったように見えるわけです。
さて、この浮かび上がってくる垢の量を毎日観察していますと、やはり日によって違いがあります。気温の高い日や湿気の多い日はやはり浮遊物の量も多め。それ以上に外出時間が長い日が一番多いように感じます。外出というのは屋外にいる時間が長い日です。そして半袖など夏の装いならなおさらです。
やはり知らずのうちに日常生活の中では、排気ガスや砂埃など、お肌には多くの汚れが付着していくものだということがよくわかります。
そこから考えると、清潔過敏になるわけではありませんが、屋外で長く過ごした日は帰宅後にソファーやベットでゴロゴロするよりも、先にお風呂で一日の汚れを落としてからのほうが良さそうです。マイクロバブルトルネードの口コミ情報でした。
参考サイト:マイクロバブルトルネード正規販売